ARGX-117

ARGX-117は、pHとCa2+に依存してC2に特異的に結合する、ヒト化スイーピング抗体となるように設計されています。C2は補体カスケードに関与するタンパク質で、活性化されると、細胞破壊を引き起こします。

ARGX-117は、補体活性化機能を阻害することにより、組織の炎症と適応免疫応答を減弱させます。この企図する作用機序で、ARGX-117は重症自己免疫疾患の幅広い適応の治療方法を提供する可能性があります。

製品候補

ARGX-117

標的
C2
前臨床
フェーズ1
フェーズ2
フェーズ3
承認
  • ARGX-117は、組織の炎症と適応免疫応答を減弱させる可能性のある補体活性化を抑制するように設計されています。
  • IV ARGX-117およびSC ARGX-117(Halozyme社のENHANZE®薬物送達技術に対応)