尋常性天疱瘡(PV)

尋常性天疱瘡はどんな病気ですか?

PV(尋常性天疱瘡)は重症で慢性的な希少疾患であり、皮膚や粘膜(口腔粘膜や鼻、目を含む)に水疱が生じます。

PVでは、免疫異常により、皮膚細胞どうしを接着させるデスモグレインと呼ばれる構造を誤って攻撃するIgG抗体が産生されます。

そのため、皮膚細胞が分離し、皮膚の層の間に液体が貯留して、水疱が生じます。PVの水疱は、激しい痛みや痒み、灼熱感、皮膚への深刻な損傷をもたらし、時には体液喪失や感染を引き起こし生命を脅かすことがあります。

臨床試験

患者支援団体等の情報

それぞれの疾患に関するさらに詳しい情報は、以下の患者支援団体へのリンクからご確認ください。

International Pemphigus Pemphigoid Foundation (IPPF)

The IPPF’s mission is to improve the quality of life for all people affected by pemphigus and pemphigoid through early diagnosis and support.

www.pemphigus.org