重症筋無力症(MG)

重症筋無力症とはどんな病気ですか?

MG(重症筋無力症)は希少神経筋疾患であり、神経筋接合部の伝達に損傷を与え、重度の筋力低下を引き起こし、患者さんの生活に重大な影響を及ぼします。

MGは、免疫異常により神経筋接合部の阻害や変質、損傷をもたらすIgG抗体が作られることで、発症します。

MGは、目の動きや顔の表情、発話や嚥下、腕や脚などを制御する筋肉などの随意筋に影響を及ぼします。さらに、呼吸を司る筋肉にも影響が及び生命が脅かされるケースもあります。

臨床試験