免疫性血小板減少症(ITP)

免疫性血小板減少症とはどんな病気ですか?

ITP(免疫性血小板減少症)は、しばしば慢性化する出血性の希少疾患です。血小板(出血を止めたり防いだりする細胞)数の減少により、出血や打ち身のリスクを増大させるため、症状への不安や重度の疲労によって生活の質が低下します。

ITPは、免疫異常により血小板を破壊したり、血小板の産生を低下させたりするIgG抗体が作られることで、発症します。原発性ITPでは、この自己免疫応答の原因もわかっていません。ITPには、他の基礎疾患に起因する二次性ITPと呼ばれる病型もあります。

ITPの患者さんには、症状がない場合、血小板数が減少した時にのみ症状が出る場合、打ち身やその他の斑状の皮膚出血、鼻血や歯ぐきからの出血、体内の出血など目に見える重度の出血症状がある場合もあります。

ITPでは、疲労が次第に悪化していき、精神の健康に影響を及ぼすこともあります。

臨床試験

患者支援団体等の情報

それぞれの疾患に関するさらに詳しい情報は、以下の患者支援団体へのリンクからご確認ください。

International ITP Alliance

The intercontinental partnership of ITP patient support organizations committed to education, awareness and establishing a global voice for immune thrombocytopenia patients.

www.globalitp.org

Platelet Disorders Support Association (PDSA)

The PDSA is a patient-founded in 1998 to educate and empower those with immune thrombocytopenia and other platelet disorders.

www.pdsa.org